髪も切れるiOSエンジニアのブログ

元美容師エンジニアの成長と奮闘の記録

Git-hub、Sourcetree、Xcodeでバージョン管理

最近弊社マンハッタンコードに新入社員が入りまして、後輩と呼べる存在ができました。
演習課題としてSwiftのトレーニングをしてもらってるのですが、
そのソースをレビューするためにGit-hubを使い
ついでにバージョン管理の導入部分を覚えてしまおうという作戦です。
今回はローカルとリモートにリポジトリを作成する手順をおさらいします。

使用ツール

Git-hub
Source tree 2.3.1
Xcode 8.2.1

導入手順

リモートリポジトリ作成

Git-hubログイン後のトップページにて
f:id:Tansok:20170116011231p:plain
「New Repository」を選択
f:id:Tansok:20170116012220p:plain
リポジトリ名を入力
②Publicを選択
③Create Repositoryを押下

リモートリポジトリをクローンしてローカルリポジトリを作成する

続いてローカルリポジトリをSource treeを使って作成します。
まずはローカルリポジトリ用のディレクトリを作ります。
f:id:Tansok:20170116013337p:plain
ファインダーから新規でフォルダを作成
f:id:Tansok:20170116013526p:plain
次はSource treeの作業です。
「+新規リポジトリ」を押下 → 「URLからクローン」を選択
f:id:Tansok:20170116013841p:plain
このような画面になります。
ここで一旦Git-hubに戻ります。
f:id:Tansok:20170116012653p:plain
リモートリポジトリのパスをコピーします。
f:id:Tansok:20170116015055p:plain
①「ソースURL」にコピーしたリモートリポジトリのパスをペースト
②「保存先のパス」入力フォームを選択(パスが自動入力される)
③「...」を選択してフォルダを開く
f:id:Tansok:20170116014628p:plain
①さっき作ったローカルのディレクトリを選択
②「開く」を押下
f:id:Tansok:20170116014834p:plain
クローンを押下
f:id:Tansok:20170116015238p:plain
自動でSource treeのバージョン管理画面が立ち上がります。
これでローカルリポジトリの作成が完了

xcodeから新規プロジェクトを作成

新規プロジェクト作成方法は割愛します。
新規プロジェクトの保存先選択時に
f:id:Tansok:20170116015827p:plain
①先ほどローカルリポジトリを作成した同じディレクトリを選択する
②Createを押下
f:id:Tansok:20170116020222p:plain
プロジェクトが作成され、
Source treeに差分が反映されていれば完了です。

まとめ

自分が業界入りたての時に苦労したのがこの作業でした。
懐かしい。
今後後輩の備忘録として役立てば何より。

おやすみなさい。